メーリングリスト登録しませんか?

BIOGRAPHY

兵庫県神戸市出身。原田中学校のブラスバンドでビッグバンドジャズに出会う。以来、ビッグバンドのみならずコンボジャズにも興味を持ち、高校在学中にジャズピアノを森田千裕氏に師事する。岡山大学では地球科学科を専攻するも、在学中より岡山・倉敷のライブハウスを中心に活動を展開し、2012年春より語学・音楽の修行のため単身NYへ。13年夏に帰国するも、更なる前進をめざし、14年1月よりQueens Collegeに通い、修士課程を15年12月に修了、修了時には優秀なピアニストへ贈られる「Sir Roland Hanna Award」を受賞。15年3月には厳しいオーディションをくぐり抜け、ワシントンD.C.ケネディーセンターで開かれた2週間のワークショップ「Betty Carter’s Jazz Ahead」に参加。Jason Moran、Cyrus Chestnut、Eric Harlandなど蒼々たるミュージシャンに教えを得る。 NYでは最も忙しい若手ピアニストの一人だと言われ、NYジャズの中心地と言われるSmalls Jazz Clubでは2016年で最も多く演奏したミュージシャンに選ばれる。姉妹クラブのMezzrowではオープン当初から毎週演奏し、現在は月に1回自身のデュオで演奏。Dizzy’s Club、 Fat Catなど他クラブでも勢力的に演奏活動を行っている。ステージをともにしたミュージシャンは多く、Russell Malone (Guitar)カルテットではジャクソンビルジャズフェス、アトランタジャズフェスに、Antonio Hart(Saxophone)グループとは韓国・大邱ジャズフェス、台湾・台中ジャズフェスに、Roxy Coss(Saxophone)クインテットでは過去2作(“Future Is Female” - Posi-tone record、"Quintet" - Outside in Music)に参加、NYユニオン紙の表紙を飾る。ミニアルバム、「Songs Without Lyrics」を2012年にリリース。2018年には世界レベルのミュージシャン(Steve Nelson; vibraphone, Bill Stewart; drums, Orlando le Fleming; bass)とともに10曲を収めたCD「MIKI」Cellar Liveよりリリース、全米NACCジャズチャートでは第3位を取る。2020年9月には新作「Human Dust Suite」のリリースが決定、各メジャーウェブサイトにて予約受付中。

© 2016 by MIKI YAMANAKA. Proudly created with Wix.com